ライフスタイル/南房総・体験レポート

「ミレーニア勝浦」を拠点に、楽しむ!味わう!くつろぐ!体験レポートをお届けします。
海辺の暮らしならではのライフスタイルに触れてみてください。

■レポート一覧

  • 1│船釣り万歳!
  • 2│シーカヤック体験
  • 3│美味!天日干し
  • 4│路線バスの旅
  • 5│痛快!防波堤釣り
  • 6│体感!定置網漁
  • 7│探訪!老舗酒蔵
  • 8│房総産・天然伊勢海老
  • 9│南房総で、春を先取り!
  • 10│旧国道、絶景めぐり
  • 11│SUPで海上散歩
  • 12│大多喜、心の旅。
  • 13│さすらい海岸通り
  • 14│生きた水、 久留里。
  • 15│奥房総の山里へ
  • 16│カフェin 勝浦
  • 17│『八犬伝』の舞台へ
  • 18│人工衛星と対話する勝浦
  • 19│教えて!海藻博士!!
  • 20│行き当たりばっ旅・前編
  • 21│行き当たりばっ旅・後編
  • 22││さあ、アナログでいこう!
  • 23││近くへ行こう!県道82号線ふらり旅 ─ 前編
 
Vol.23

近くへ行こう!県道82号線ふらり旅 ─ 前編

「ミレーニア勝浦」の西の玄関口にあたる県道82号線。
国道297号線につながる近道としてよく利用するものの
沿線に何があるのか知らないことが多い。
いつも車で通り過ぎてしまう
県道82号線沿線を探索してみた。

 

 千葉県道82号線は、鴨川市の小湊から勝浦市の山間部を経ていすみ市へ至る主要地方道で、夷隅川に沿って南北に伸びている。
 のどかな田園地帯に集落が点在する沿線風景は、房総半島内陸部によく見られるありふれたものだ。だが、何の変哲もないような場所で予期せぬ発見に出会うことこそ旅の醍醐味。都心から勝浦へ移住し三年目を迎えた管理スタッフの堀口が、まだまだ知らない地元の魅力を探るべく、夫婦のタンデム(二人乗り)でスクーターを走らせた。

悠久の時を刻む千年の大椎

 朝10時に「ミレーニア勝浦」を出発し、台宿のT字路を右折。県道82号線を北上すると、ほんの1km先の道端に「千年の大椎」と書かれた木の看板が現れる。この古びた看板を今まで幾度となく目にしているが、足を止めたことはなかった。細い農道のような小径を進むと、空を覆い隠さんばかりに枝葉を広げる「大椎」が現れた。

 寂光寺の境内にあり、本堂を背にそびえる「大椎」の存在感は圧倒的。案内板によると、目通り幹囲7.3m、樹高24mに及ぶ椎の巨樹で、千葉県指定天然記念物となっている。
 「大椎」の樹齢は800年前後と伝わる。
 Y字型に広がる大枝。波打ったような樹皮の模様。何人もの大人が取り巻いてようやく囲めるほどの幹周り。実年数では千年に及ばないが、巨樹の周囲は「千年の大椎」の名にふさわしい神聖な空気に満たされていた。

 県道に戻り、やわらかな春の陽射しに包まれて、スクーターをのんびり走らせていく。民家がぽつんぽつんと点在する里山風景の中を進んでいくと、「腰古井」で知られる天保年間創業の老舗酒蔵・吉野酒造の堂々とした瓦屋根が見え、上野地区へと入る。ここはかつて小湊の誕生寺へと向かう街道筋として栄えた集落。道沿いに連なる家並みが往事の面影をわずかに残している。

上野地区で味わう個性豊かな本格うどん

 集落の途中で『手打ちうどん』の看板が目に入った。「魚料理が多い勝浦でうどん≠ニは珍しい」と興味をそそられ左折。細い路地を進んでいくと、一軒家のお店『手打ちうどん 多吉』が右手に見えてきた。

 暖簾をくぐり店内に入ると、入口近くのテーブル席はほぼ満席。奥まった場所なのになかなかの繁盛ぶりだ。靴を脱いで上がると奥の部屋は広く、ゆったりとテーブル席が配されていた。
 『手打ちうどん 多吉』は、以前、「ミレーニア勝浦」内にあった企業保養所のマネージャーを務めていた瀧口さん夫妻が2015年6月にオープンしたお店。かつて保養所の調理長として腕を振るった瀧口智子さんが打つ、しっかりとコシのあるうどんは地元人の舌を唸らせ、接客担当の瀧口正彦さんのきめ細やかな気配りで多吉ファンを増やしてきた。

 人気メニューは、手打ちうどん独特の弾力性とツルツルの喉ごしをストレートに楽しめる『釡揚げうどん』。常連客は鴨汁など自分好みのつけ汁を組み合わせて食べるという。
 うどんつゆは、だしの効いた薄味の讃岐風。うどんの旨味をやさしく引き立ててくれる。

 保養所時代に培ったノウハウを活かし、旬の野菜と海老をカラッとサクサクに揚げた『天ざるうどん』をはじめ、うどんのかけ汁とあさりのだしが絶妙に溶け合う『アサリうどん』、夜のメニューに登場する『うどんのナポリタン』や『ボンゴレうどん』など、うどんの枠に収まらない創作うどんを考案している。
 期間限定の特別メニューとして、仙台定義山名物の分厚い三角油揚げを仕入れてつくる『きつねうどん』や地元野菜をふんだんに使った『かき揚げうどん』など、時間と手間を惜しまず丁寧に作った料理を提供し、うどんの楽しさ、美味しさを広げている。

 また常連さんからアイデアをリクエストされることもあり、そのメニューが好評だった場合には、『たつや』など発案者の名前そのものをメニュー名にしているとのこと。瀧口さんの遊び心と常連さんを大切にする気持ちがうかがえる。
 定番の本格手打ちうどんを賞味するもよし、新しいメニューを堪能するもよし、通うほどに奥深いうどんの魅力にのめり込みそうだ。

取材協力

手打ちうどん 多吉  .0470-64-6515 千葉県勝浦市上野568
営業時間/火・水・木 11時〜14時、 金・土・日 11時〜14時、17時〜21時 ※祝日の場合変更有り
定休日/月曜日(祝日の場合変更有り) 
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

ミレーニア勝浦販売センター TEL:0120-310-391 営業時間:9時〜17時(水曜定休)〒299-5246 千葉県勝浦市興津久保山台6-1 Tel:0470-76-4331 Fax:0470-76-4361 資料請求はこちら 来場予約はこちら