2020/10/23 12:11:06
テーマ:カテゴリー

興津海岸を散歩していると防波堤で釣りをしている人をよく見掛ける。遠目で見ていてもいい感じでアタリがきているよう。初心者でも釣れるのか試したくなって、入門用のフィッシングセットを買い午後防波堤へ行ってみた。

IMGP0940

IMG_6605 

釣りの方法はオモリを付けた仕掛けを海に放り込んでおくだけのぶっこみ釣り。仕掛けがシンプルでテクニックもいらない、初心者にぴったりの釣り方だ。

 IMGP0908
IMGP0927

 仕掛けにエサをつけ、竿を投げる。穂先の動きに目を光らせ、竿を持つ手のひらでアタリを探る。リールを回して海中に落とした仕掛けをゆっくり引く。こんな動きを何度か繰り返しているうちに、ググッと竿が重くなった。糸が切れぬよう慎重にリールを回していくと、海面からエサに食らいついた銀色の魚が現れた。体長25cm近くもある大きなキスだ
IMGP0921

その後も、竿を投げては引き、投げては引きを繰り返すこと約2時間。釣果は、キス3匹、カワハギ1匹、メゴチ1匹の計5匹。まったく釣れないことも覚悟していたので初めてにしては上出来だ。
IMGP0929

IMGP0805

IMGP0964

そして晩ご飯は、釣り上げてきたカワハギの刺身とメゴチ&キスの天ぷら。カワハギの白身の刺身は、フグに匹敵すると言われるだけあり、上品かつ繊細な味わい。肝醤油で刺身を食べるとさらに深みが増す。しかも釣りたてという抜群の鮮度!肝も生臭くない。
IMGP0978
IMGP0988

 メゴチの天ぷらはホクホクと弾力性があり、背骨や尾ヒレもバリバリと骨せんべいのように食べられる。キスの天ぷらは、外がパリパリで中はふっくら。こんなに美味しい地魚を食べられるなんて贅沢なんだろう。
DSC_4603
IMGP0821
DSC_4618

釣りの楽しさ、釣りたての美味しさ、興津海岸の防波堤釣りが癖になりそうだ。

三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦
三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦

カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
月別
▲ページトップへ