2020/01/31 08:39:25
テーマ:カテゴリー

暖冬の今年、もともと温暖な気候の南房総はさらに過ごしやすく、海も山も街も春めいている。

DSC_0417

IMG_2864

陽気がいいと外に出かけたくなるもので、バイクに乗って房総半島の内陸をちょっと散策。一月下旬は一年で最も寒い“大寒”にあたり、例年だと房総といえども気温が下がるが、山間の道を走っていても風がさほど冷たくない。

IMG_2625

勝浦から大多喜を抜け、のどかな里山風景が広がる長南町へ。昭和の名水百選に選ばれている「熊野の清水」の傍らにある『がんこ屋』で昼食をとった。

IMG_2505 

『がんこ屋』はその名のとおり、食材にとことんこだわる頑固一徹のオヤジさんが営むお店で、オーナー自らお米や野菜を有機農法で育て、塩や香辛料などの調味料も混じりっけの無い納得のいくものだけを用いている。

IMG_2507

自然素材だけで出汁をとった“あたたかいおそば”は、深みがありながらすっきりとした後味の蕎麦つゆで、雑味のない透明感のある上質な味わい。

IMG_2498

麺が見えないほどたっぷり入ったキノコの風味が溶け込み、山の幸の恵みが堪能できる。麺もそばの香りがいきており、自然素材ならではの味の調和が素晴らしい。

IMG_2499

お店入口には、オーナーが原木栽培している直径10センチほどもある巨大な“どんこ椎茸”が山盛りになっており、迷わず購入。

IMG_2516 

この大きさ!この厚み!なかなかお目にかかれるものではない。さっそくグリルで焼き、ちょいと醤油をたらして口に運ぶと、食べ応えのある肉厚さと、口中に広がる香りは、まさに未体験ゾーン。うまい!のひとことです。

 IMG_2523

房総の“”生どんこ椎茸”最高です!

IMG_2521

 

 

 

三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦
三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦

カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月別
▲ページトップへ