2019/09/04 11:49:33
テーマ:散歩

 海に囲まれた房総半島は、景勝地や観光スポットが海辺に集中しているが、山深い内陸の自然も魅力。圏央道「市原鶴舞IC」から「ミレーニア勝浦」へ向かう道中の大多喜から東へ入った長南町にある『熊野(ゆや)の清水』は、残暑厳しい季節におすすめな立ち寄りスポット。

 IMG_1383

『熊野の清水』は千葉県で唯一[昭和の名水百選]に選ばれた知る人ぞ知る名水。山と谷が入り組んだ房総丘陵の奥に鎮座する[熊野(ゆや)神社]の境内にある。

IMG_1385 

太陽の光を遮るほどの深い森に包まれ、奥から軽やかな水音が聴こえてくる。水音に誘われるままに歩を進めると、丸太を使った樋が山の斜面から伸び、湧き水がとうとうと流れている。

IMG_1376 

樋の下には、澄んだ水を満々と充たした池があり、木洩れ陽を受けてキラキラ輝き、透き通った水の中に鯉が泳いでいる。

 IMG_1380

傍らに立つ案内板によると、[熊野の清水]は弘法の霊泉という別名があり、その昔、弘法大師が全国行脚の途中、布教のためにこの地に立ち寄った際、水不足に悩む農民たちのため、法力によって水を湧き立たせ、それ以降どんなに日照りが続いても涸れることがないという伝説がある。

 IMG_1382

水は、炭酸水素カルシウム、炭酸水素ナトリウム、硝酸イオンなどの成分を含み、水の硬度は1リットルあたり約54.5㎎と軟水に属している。飲用にあたって煮沸するよう書かれていたので、水をペットボトルで汲み、自宅で沸かして飲んだところ、口あたりがまろやかで、くせのないすっきりとした味わい。名だたる銘水に引けを取らない美味しさだ。

 IMG_1377

房総半島の山里で楽しむ、涼景と名水。なかなかいいものです。

三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦
三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦

カレンダー
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
▲ページトップへ