2019/05/30 05:31:31
テーマ:四季模様

埼玉県熊谷市で最高気温35℃を記録し、関東で今年初の猛暑日となった5月26日。東京都心32.6℃、さいたま市34.2℃、茨城県つくば市33.3℃、横浜市31.3℃、千葉市30.6℃など、首都圏各地が30℃を超える真夏日となる中、勝浦の最高気温は25.4℃と平年並み。避暑地として知られる長野県の諏訪30.3℃や軽井沢29.5℃よりも低く、5月30日現在、30℃を超えていません。(気象庁HPデータ調べ)

DSC_6258

DSC_9307a

勝浦の過ごしやすさは、初夏だけでなく7月以降も続く見込みで、昨年8月の最高気温は31.6℃。なんと勝浦は、関東で過去110年間に猛暑日になったことがない唯一の街!
DSC_1981

東京都心よりも南に位置する勝浦が、首都圏の各都市より涼しいのかというと、それは太平洋の海洋性気候のおかげ。洋上で冷やされた空気が風に乗って上陸し、街の背後に広がる房総丘陵の山並みが涼風を留めるため、海辺の街は冷感ミストに包まれたように涼やかなのです。
DSC_6535

DSC_8593

避暑地というと高原のイメージがありますが、勝浦も勝るとも劣らない涼やかさ。夏季シーズンを迎えても高原リゾートほど混雑しない、知る人ぞ知る避暑地です。

DSC_8612

 

三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦
三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦

カレンダー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
▲ページトップへ