2014/10/11 09:30:04
テーマ:食ベドコロ

秋の深まりとともに、魚の脂が乗ってきました。
夏の間さっぱりとした刺身を食べてきたからなのか、
カンパチ、タイ、アジ…、
どの刺身も旨味をさらに増しているように感じる。

特に戻りガツオは、皮肌に脂がのってマグロのトロのよう。
まったりと濃厚な味わいが堪能できます。
ただ戻りガツオは、脂が乗っているだけ鮮度が落ちやすく、
身が空気に触れると酸化して褐色に変化してしまいます。
マグロのように赤い身のカツオが食べられるのは、
カツオ漁港の町・勝浦だからこそですね。

また秋は、煮魚の美味さが際立ってくる季節。
勝浦ではキンメダイの煮付けが定番ですが、
銀ダラの煮付けのコクは格別。旨味を携えたトロミは絶品です。

魚がどんどん美味しさを増していく秋。
毎年のことながら、
地魚料理店へ足を運ぶ頻度が高まってきました。
☆今回、お邪魔したお店は、「旬彩厨房 喰家」さん。
和食をベースに、刺身や鍋、定食など、
地元・勝浦の食材を使った四季折々の味をリーズナブルに楽しめます。

三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦
三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦

カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
▲ページトップへ