2018/03/04 01:07:04
テーマ:イベント, 伝統・文化・歴史

先週から開催されていた『かつうらビッグひな祭り』もあっという間に最終日。

ビッグひな祭りといえば、遠見岬神社石段のライトアップが見せ場として有名だが、長勝寺会場の「松野竹灯籠まつり」が近年盛り上がっているとの評判を聞きつけて訪れてみた!

DSC_0103a

 

 

 

 

松野区会場では雛飾りの傍ら、夜の里山を暖かな彩りで満たそうと竹灯籠を作り始めたのだそう。
そして、松野区で開催されていた雛飾りが10周年を迎えた2016年、かつうらビッグひな祭り同時開催で「松野竹灯籠まつり」をスタート。
毎年ひな人形の数が増えるように竹灯籠の数も年々スケールアップし、今年は8,000本もの竹灯籠が灯った。

DSC_0121a

 

 

 

 

暖かい竹灯籠の灯に猫もうっとり。

DSC_0105a

 

 

 

 

竹灯籠に導かれるかのように歩き出した猫の背中を追っていくと、
里山Liveの特設ステージにたどり着いた。

DSC_0111a

 

 

 

 

 

 

 

 
 
そこは、遠見岬神社石段の雛飾りライトアップを超えるほどの大盛況ぶり!
設置された椅子はあっという間に埋まり、立ち見の人々で溢れていた。

陽が沈み、竹灯籠の暖かい灯りに包まれた幻想的な会場。
始まったのは、佐野雅子さんによるピアノの演奏。

DSC_0194a

 

 

 

 

DSC_0214a

 

 

 

 

ゆったりと心地よいメロディーが響き渡り、会場が暖かく優しい空気に包まれた。老若男女問わず、会場にいた人々が続々と吸い寄せられるように特設ステージに集まってくる。

DSC_0300a

 

 

 

 

ピアノの演奏の後は、がらりと雰囲気が変わって、二人会さんによる津軽三味線と和太鼓のダイナミックな演奏が始まった。
先ほどまでのしっとりとした空気から一変、リズムの良い熱い演奏に心が揺さぶられる。

DSC_0313a

 

 

 

 

 

 

 

 

 
特設ステージから竹灯籠の灯りをたどって長勝寺正面にやってくると、ライトアップされた立派なひな壇が暗闇の中で煌びやかに浮かび上がり、その周りを包む優しい竹灯籠の灯りとの対比が幻想的な世界を創り出していた。

DSC_0267a

 

 

 

 

DSC_0387a

 

 

 

 

そして、長勝寺をあとに日枝神社へ。
そこには更なる異次元世界が広がっていた。

石段を埋め尽くす竹灯籠に圧倒され思わず息をのむ。
竹灯籠の灯が、まるで意志を持って天に昇っているかのようだ。

DSC_0406a

 

 

 

 

DSC_0422a

 

 

 

 

 

 

 

 

 回数を重ねるごとにスケールアップし、益々活気を増す「かつうらビッグひな祭り」。

今回見逃した方も、来年の「ビッグひな祭り」の際にはぜひ長勝寺会場も訪れてみては。遠見岬神社石段の絢爛豪華なひな飾りとはひと味違う、幻想的な異次元世界を体感できますよ。

DSC_0198a

 

三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦
三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦

カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
▲ページトップへ