2013/04/02 10:02:17
テーマ:伝統・文化・歴史

4月に入り春も深まり、南房総はそろそろ田植えの季節ですね。
$milleniaのブログ
稲がらみと言っては何ですが、
今回は酒蔵の話をさせていただきます。(ちょっと強引すぎるか…)
房総半島は昔から稲作が盛んなこともあり、老舗の酒蔵が多い。
品評会で上位に入賞する蔵元もたくさんあるが、
なかでも唯一無比の魅力を放つのが、
勝浦のお隣の町・鴨川にある亀田酒造。
なんと、明治神宮に献上するお酒を造っている
全国でたった一つの蔵元なのだ。
$milleniaのブログ
明治4年、明治天皇即位大嘗祭にあたって使用されたお米の斎田が、
亀田酒造の近くに位置していることから、
地元崇敬講役員として斎田の米による白酒醸造を担当し、
毎年明治神宮新嘗祭の御神酒として奉納しているとのこと。
$milleniaのブログ
この主基斎田と呼ばれる田園は、
地元の貴重な歴史的遺産として今もその姿を留めている。
$milleniaのブログ
明治神宮に献上するお酒は、
献上酒専用のお米を用い、専用の樽で昔ながらの醸造法でつくられる。
$milleniaのブログ
明治神宮に献上するためだけのお酒が造られていたとは知らなかった。
しかも、房総半島の酒蔵だったとは…
これが灯台もと暮らしってヤツですね。
$milleniaのブログ
房総は、奥が深いですね!!

三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦
三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦

カレンダー
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
月別
▲ページトップへ