2012/10/09 04:14:40
テーマ:伝統・文化・歴史

10月の三連休も終わり、
祭や運動会など矢継ぎ早に開催されてきた秋のイベントも
一段落したという方が多いのではないでしょうか。
勝浦では9月14日から17日の4日間、
江戸時代から続く「勝浦大漁まつり」が盛大に開催されました。
$milleniaのブログ
19基の神輿が集まる一斉担ぎなど、
若い衆が威勢よく神輿を揉みまくる迫力は、湊町ならでは。
そして、なかでも目を見張るのは、
勝浦商店街を曳航される屋台のお囃子。
$milleniaのブログ
上町 仲町 下町の三台の屋台と、
出水地区の山車が一同に顔を合わせ繰り広げるお囃子合戦は、大迫力!
$milleniaのブログ
しかも江戸時代後期の作と伝わる屋台に施された
精緻な彫刻物の数々は、まさに圧巻!
$milleniaのブログ
なんと彫刻物の作者は、
日光東照宮の眠り猫で知られる
“左甚五郎”を祖とする“嶋村”家の名匠たち!
$milleniaのブログ
江戸時代後期を代表する名匠の彫刻物を
惜しげもなく全身に身に纏う豪華絢爛な屋台が勝浦にあったとは…。
$milleniaのブログ
当時の勝浦の繁栄、町衆の財力が
ただならぬものだったことを雄弁に語っている。
$milleniaのブログ
房州・勝浦、奥が深いです。

三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦
三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
▲ページトップへ