2016/09/02 08:19:33
テーマ:イベント, 伝統・文化・歴史

新米が盆休み明けには収穫される南房総では、収獲祭の開催も早く、9月に入ると豊穣を祝う祭が各地で行われます。

なかでも『勝浦大漁まつり』と題される勝浦の秋祭は、その昔「♪〜お江戸見たけりゃ勝浦ござれ〜勝浦三町江戸まさり〜♪」と詠われた往事の勝浦を彷彿とさせる伝統行事、9月16日(金)~19日(月)の4日間にわたり町が祭一色に染まります。

mukashi

 

 

 

 

 

 

sono2

 

 

 

 

かつぎ、唄い、揉み合い、見せ場をつくる勝浦全域19基の神輿による勇壮な『一斉担ぎ』。

miko1

 

 

 

 

往時を偲ばせる豪華絢爛な祭屋台で、ダイナミックなお囃子の競演が披露される『江戸後期彫物屋台の引廻し』。

yatai1

 

 

 

 

 

sono3

 

 

 

 

yataiyoru

 

 

 

 

神輿を乗せた船が沖に浮かぶ平島を旋回する『神輿の船渡し』など、多種多彩な催しが盛大に行われます。

 漁師町ならではの威勢の良さ、ほどばしる情熱に、ぜひ、触れてみてください。

 mikoshiz

 

 

 

 

 

 

mik02

 

 

 

 

hiku

 

 

 

 

MG_2586

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは、勝浦市HP

◎開催期間:平成28年9月16日(金)~19日(月)

 ■初日『各地区の神輿の渡御』

・午後から、墨名区・串浜区・松部区・川津区・沢倉区・新官区、各地区の神輿の渡御が各地で行われ、地区を練り歩きます。

 ■2日目『合同祭典』

  • 勝浦全域・19基の神輿による『一斉担ぎ』/式典終了後、地区ごとの神輿が街中を練り歩きます。

■3日目・4日目『江戸後期彫物屋台の引廻し』

・上本町・仲本町・下本町・出水区の祭屋台が夕方から街中を引き廻され、

 交差点で4つの屋台がお互いに向き合い、お囃子の競演が披露されます。

 ■最終日

『神輿の船渡し』

 ・街を練り歩いた八幡神社の神輿が勝浦漁港に到着。船から船へと神輿が渡され、神輿を乗せた船と数隻の船が、漁港内と八幡岬の沖に浮かぶ平島を旋回します。

『八幡様お宮お帰り』

・船渡し終了後の八幡神社の神輿が、祭屋台の静かなお囃子で出迎えられ、遠見岬神社まで練り歩きます。

 

 

三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦
三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
▲ページトップへ