2016/07/15 12:24:53
テーマ:ニュース

関東で過去110年間に猛暑日になったことがない唯一の街はどこでしょう?と聞かれたら、皆さんはどこをイメージしますか。
那須高原など標高の高い土地だと思いきや、100年以上にわたって猛暑日とまったく無縁の街は、なんと南房総・勝浦なんです。昨年夏には、TVニュースで標高が低くくても夏涼しいスポットとして、勝浦は紹介されました。

11743018_881423421947417_5207036217155498407_n

 

 

 

 

都心が猛暑に苦しまされた昨年8月、勝浦の平均気温は、25.6 度。
今夏の日本列島も暑さが厳しく、冷涼な気候の長野県で35度超えを記録するなど、各地で猛暑日となっていますが、勝浦では最高気温が30度を超えた日が一日もありません。

DSC_6552

 

 

 

 

勝浦は、海の近くに山が迫っているため、太平洋上で冷やされた空気が通り抜けることなく沿岸の街に留まり、涼しさが持続。冷気に包まれた海辺は白く霞み冷感ミストに包まれたよう。

DSC_6535




 

温暖化が叫ばれる昨今でも、猛暑に悩まされたことがない。

「ミレーニア勝浦」は、そんな南房総・勝浦の太平洋気候を恩恵を受け、エアコンのスイッチを入れる日がほとんどないと多くのオーナーが語っている。

DSC_0622

 

 

 

海と山の自然に恵まれた「ミレーニア勝浦」で、
海辺の避暑地の心地よさを、ぜひ、体感してください。
DSC_0662

 

 

 



青い海、緑の山、そして爽涼とそよぐ風が、待っています。

DSC_0373

 

 

 

 

DSC_6274

三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦
三井不動産の南房総分譲地・ミレーニア勝浦

カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
▲ページトップへ