旬体験レポート

冬の地魚三昧

 冬の地魚は、まさに旬の中の“旬”。温暖な気候に恵まれた南房総・勝浦と言えども、師走になると海の水温も下がり、魚の脂もぐ〜んと乗ってくる。勝浦の朝市を覗いてみると、キンメ、ワラサ、ブリ、カジキ、メバチマグロなどなど、丸々太った近海の地魚がズラリ勢揃い。これは掛け値なしでうまそうだ。
 包丁さばきに自信があれば、「そのキンメ、もらっていこうか」なんて魚通を気取れるのだが、それは到底無理な話。素人は素人らしく地魚料理店の暖簾をくぐることにした。
 訪れたのは、魚にうるさい地元の常連客が集う『旬彩厨房 喰家』。飲食店が集中する勝浦商店街から一歩離れた静かな小径の一角にある。
 お品書きは、この黒板。魚の水揚げ状況によって、おすすめの一品料理は、日替わりになっている。

NEXT
ミレーニア勝浦販売センター TEL:0120-310-391 営業時間:9時〜17時(水曜定休)〒299-5246 千葉県勝浦市興津久保山台6-1 Tel:0470-76-4331 Fax:0470-76-4361 資料請求はこちら 来場予約はこちら