地産地消ガイド

港に水揚げされたばかりの地魚や四季折々の露地もの野菜、地鶏や房総ポークなど食材が豊富な南房総。
味もさることながら、物価の安さも魅力です。

食卓で味わう四季の地魚

勝浦沖は、暖流黒潮と寒流親潮の合流点にあたり、日本でも有数の好漁場を形成しています。マグロ類、ヒラマサ、カツオ、ブリ、マダイ、キンメダイ、サバ、イカをはじめ、沿岸ではアワビ、サザエ、伊勢エビなどが豊富に水揚げされ、四季折々の地魚が味わえます。

また勝浦は、干物の生産も盛んで、海風にさらして旨味が増した天日干しを、産地ならではの低価格で購入できます。


たくましく、みずみずしい大地の恵み

温暖な南房総・勝浦では、太陽光をたっぷり浴びて育った野菜が、一年中収穫できます。しかも千葉県の農業は、大消費地の首都圏を抱え,古くから江戸の台所として食料供給地の役割を果たしてきたので、おいしい野菜を生み出す技と知恵、経験が豊富です(現在、農業総生産額は北海道に次ぐ全国第2位)。全国的に農業従事者の高齢化が懸念されていますが、南房総では若手農業グループも多く、活気に満ちています。

また勝浦市の隣町・大多喜は、関東有数の筍の産地で、京都の山城地区に匹敵するほどのブランド筍として、マスコミでもよく取り上げられています。ミネラルをたっぷり含んだ大多喜特有の粘土質の土壌が、エグ味の少ない筍を育てると評判で、朝掘りの新鮮なものは、アクヌキをしなくても美味しく食べることができます。


美味しいお米を生む土と水と情熱

ブランド米と聞くと、まず“ 魚沼産こしひかり” をイメージする方が多いと思われますが、南房総には魚沼産に引けを取らないと言われる“ 長狭米”や“ いすみ米” があります。生産地の嶺岡山系やいすみ川流域には、ミネラルを豊富に含んだ“ 蛇紋岩” が多く、清冽な水に恵まれ、稲の生育に適した条件を高レベルで満たしています。
特に長狭米は、明治天皇へ献上米として納められた由緒あるお米で、モチモチの噛み応え、ほのかな甘味、真珠のような光沢は、ブランド米を名乗るのにふさわしいもの。冷めても味が落ちないのでお弁当にもぴったりです。

また「ミレーニア勝浦」の隣町・天津には、最高級氷温熟成米を目指して、貯蔵庫に竹炭やバイオセラミカを設置しモーツァルトの古典音楽を響かせている精米店「新倉」があり、高品質のブランド米を手軽に購入することができます。


食材本来の旨味が楽しめる地鶏&ポーク

冬暖かく夏涼しい穏やかな気候に恵まれた房総半島は、養鶏や養豚などの畜産に向いており、房総オリジナルの品種も開発されています。なかでも「千葉県畜産総合研究センター」が生み出した房総地鶏は、ブロイラーの約2倍・110日という長期間にかけてじっくり育て上げたもの。肉質は柔らかく、旨み成分であるイノシン酸を多く含み、噛めば噛むほど味が増していく本格派です。放し飼いの鶏卵も盛んで、赤玉より栄養価が高いと言われる緑の卵(アローカナ種)も、道の駅などの直売所で購入できます。
そして千葉県生まれのブランドとして地鶏と共に評価が高いのが“ 房総ポーク”。優秀な血統の品種を厳選し、海草粉末を加えた専用配合飼料で丁寧に育てあげています。豚肉特有の臭いがなく、やわらかい食感は絶品です。

また南房総は、八代将軍・徳川吉宗公が我が国で初めて乳牛を放牧した日本酪農の発祥地。現在も生乳の生産量は、全国ベスト3 にランクインしています。


酒通をうならせる地酒、房州にあり

酒づくりは寒い土地が向いていると思ったら、さにあらず。南房総・勝浦には、全国新酒鑑評会で12回も金賞を受賞した吉野酒造の「腰古井」があります。吉野酒造は、天保年間創業の老舗の酒蔵で、敷地内には樹齢数百年の古木が生い茂り、森の中から湧き出る天然水を仕込み水として使用。この清冽な天然水は、軽くてまろやかな軟水で、コクとキレのある清酒を生み出す決め手となっています。
端麗な中に独特の透明感とフルーティーな吟醸香が漂う“ 腰古井大吟醸”(ANA国際線ファーストクラスで提供。全国2000 の蔵の中より選び抜かれた2 本のうちの1本)をはじめ、「魚料理にはかかせない」と地元で愛される“ 腰古井秘蔵酒” など、酒通をうならせる逸品揃いです。

また隣町の大多喜には、天明年間創業の豊乃鶴酒造(大多喜城)があり、米とぎも手洗いで行うなど機械力に頼らない酒づくりが行われています。
外部の社氏の手を借りることなく家族だけでつくる少量生産なので、地元でしか手に入りません。


ミレーニア勝浦販売センター TEL:0120-310-391 営業時間:9時〜17時(水曜定休)〒299-5246 千葉県勝浦市興津久保山台6-1 Tel:0470-76-4331 Fax:0470-76-4361 資料請求はこちら 来場予約はこちら